世界に目を向けても最も有名なED治療薬であるバイアグラ。他にシアリス、レビトラもあるけれど、EDを改善したいなら、まずはバイアグラを知らずに何を知る!一緒にバイアグラの世界を覗いていきましょう。

レビトラ
シアリス
バイアグラ
目次

バイアグラは世界的に有名な後発性のED治療薬のことを言い、世界で最も愛用されている勃起薬です。ペニスの機能は、年齢によって大きく変化します。基本的に若い男性の方が豊かな勃起力を持っています。残念ながら私達人間は老化に打ち勝つ事が出来ず、加齢と共にペニスの機能は衰えるばかりです。一応男性は女性とは異なり、高齢になってもセックス自体は可能ですが、やはり30代後半以降になりますとセックスの品質や技術が落ち込みます。

勃起不全を克服した男性それを克服するために、効果の高いペニソールや治療薬バイアグラを服用する男性陣も増えました。直接ペニスに作用するED治療薬は、勃起不全や精力衰退に悩む男のマストアイテムです。一度服用すると実に5時間以上に渡って効果を持続することが出来るようになるため、年齢を気にせずに性交渉を行うことが出来るようになります。1錠を事前に服用すれば、あっという間に20代頃のペニスを取り戻せるため、安心してセックスをしたい夜に、とても重宝する医薬品なのです。

日本という国は他国と比較しても医薬品に対して設けている安全基準が厳しいということで知られています。アメリカやヨーロッパでは処方されているような薬であっても、日本国内では処方していないというようなことはよくあることです。これはED治療薬の場合も同様で、日本は他国と比べて選択肢が少ないのが実情なのです。現状だと最も有名なバイアグラのほか、レビトラやシアリスといったような薬が処方されるようになりましたが、他国と比べるとまだ少ないのは事実です。

さて、そうした中で処方されるED治療薬は何かというと、やはり一番最初に選択肢に挙がってくることになるのがバイアグラです。ではどうして選択肢が複数あるのにバイアグラが優先されるのかというと、最も大きな理由としてあるのが「実績が大きい」ということです。バイアグラは日本国内で最初に認可されたED治療薬ということもあり、全国各地に服用経験者がいます。世界規模で見ればレビトラやシアリスも十分な実績があるのですが、日本人の体と欧米人の体はやはり違います。環境や行われる治療に関しても大小さまざまな違いがありますから、そうした違いを考えると日本国内での実績が豊富なバイアグラが優先されるようになっているのです。バラエティなどで取り上げられたことも多いため、消費者に対して「勃起不全の治療薬としては何をイメージするか」ということを聞けばほとんどの人がバイアグラと答えるだろうと予測できるのが日本という国の特徴ですが、これは医療の現場も同様です。多くの人が利用しているからこそ安全が確立されており、万が一のことがあってもすぐに対応できる体制があるというのが、バイアグラの最も強いところなのです。

バイアグラの開発経緯

狭心症の男性バイアグラは、もともと心臓の筋肉の血管に異常起きる病気である狭心症という病気の治療薬として開発されました。狭心症は、心臓の筋肉に酸素を供給している冠動脈の異常による一過性の心筋の虚血による胸の痛みや胸部圧迫などの症状が出る病気のことでこの狭心症がひどくなってしまうと心筋梗塞になってしまうことがあるのです。

しかし、この狭心症のために開発されたにも関わらず、あまり治療の効果がなくなってしまったが、たまたま狭心症の治療薬として使用されており、検査を行った結果少しであったが陰茎の勃起を促進する作用を確認とれたため、狭心症よりもED治療のための薬品として開発されるようになり、世界中で初めてのED治療薬として開発させることができたのです。

副作用として、心臓病に用いられるニトログリセリンなどの硫酸塩系の薬剤と同様なものですが、副作用としては、血圧の急激かつ大幅な低下や心臓への酸素供給に支障をきたす場合があり、使用する際には十分に注意する必要があるのです。
バイアグラは勃起不全がある場合、この薬を服用することで30分ほどで勃起をすることができ、性行為を行う際にも、30分ほど前から使用することで、効果を発揮させることができるのです。このように、バイアグラはそもそもEDの治療薬として使用されたのではなく、狭心症の病気を治すために開発され、EDの治療薬として使用し始められたのは、たまたま勃起を促進させるような効果があったということから本格的に開発するようになったのです。

バイアグラの成分がなぜ勃起を治すのか

バイアグラによって勃起を治すことが出来るのはなぜなのでしょうか。これを知るためには、前提として人間の身体が勃起をする仕組みを知っておかなくてはいけません。

刺激を受けている様子人間は、性器に海綿体というものが存在します。性的な興奮を受けるとこの海綿体に血液が集まり性器が固くなるのです。なぜ性的な興奮を受けると固くなるのかというと、陰茎に性的な刺激を受けると一酸化窒素が分泌され、特殊な物質を形成することになるからです。この物質のことを環状グアノシン一リン酸と言います。環状グアノシン一リン酸は、陰茎に存在する海綿体の筋肉を緩める働きを持っており、この物質によって筋肉が緩むと陰茎内部に存在する血管も緩むことになります。緩んだ血管の中に性的刺激によって血液が流れ込み、これによって陰茎内の圧力が向上することによって、勃起という症状が引き起こされるのです。

バイアグラには、この勃起を引き起こすことになる環状グアノシン一リン酸の働きを強める効果があります。年齢と経ると共にこの働きが弱くなってくるのですが、バイアグラによってこの環状グアノシン一リン酸の働きを弱めている物質を抑制することによって、従来までの勃起力を取り戻すことが出来るようになります。バイアグラによって正常な身体に戻すことができれば、後は性的な刺激を受けることによって自然と勃起を引き起こすことが出来るようになるため、後天的にEDを治療することが可能になるのです。

バイアグラの病院処方について

バイアグラを手に入れるためには主に2通りがあり、個人輸入で手に入れる方法と病院で処方してもらう方法が挙げられます。個人輸入では病院の処方よりも安く入手できますが、その一方で偽物が出回っているので安全に手に入れるのであれば病院での処方が一番です。バイアグラはED治療を行う専門のクリニックで処方されますが、近所にない場合は内科や泌尿器科でも処方されることがあります。正し、処方されていない内科や泌尿器科もあるので事前に調べておくといいでしょう。

安全に病院で処方できるバイアグラですが、ごく稀にバイアグラの偽物を処方する病院もあると言われています。個人輸入で偽物のバイアグラを手に入れて、医師が患者に処方するという事例もあるので病院の処方が安全と言われていても注意が必要です。

外部サイト

バイアグラを扱う専門の病院サイトを発見しました。バイアグラの効果や服用方法、処方について詳しく掲載されているので参考になると思います。

バイアグラの正規品を取り扱う病院のサイトはここから

関連記事はこちら