世界に目を向けても最も有名なED治療薬であるバイアグラ。他にシアリス、レビトラもあるけれど、EDを改善したいなら、まずはバイアグラを知らずに何を知る!一緒にバイアグラの世界を覗いていきましょう。

レビトラ
シアリス
バイアグラ

バイアグラのお得な買い方・使い方

勃起不全というのは明確な医学的症状なので、病院での診察の対象になっています。病院で診察を受ければ処方せんが出ますので、薬局でも買えます。しかしバイアグラは男女の性交渉を円滑にするための治療薬なので、診察を受けるのが恥ずかしい人が多勢います。そのような人がバイアグラを購入するには、個人輸入という方法があります。この方法なら医者の処方箋は必要ありませんし、法律に触れることもありません。そしてお得に買うことも可能です。

インターネット個人輸入というと小難しいイメージがありますが、簡単にいうとネット通販を利用して海外の医薬品の輸入代行業者から買うことができるのです。インターネットが広く流通し始めた昨今では、本当に良い物を安く買う事が出来るようになってきています。もちろん商品には原価という物がありますので、それを下回る価格で販売することは販売業者にとってもまったくメリットがありませんので、不自然に安い物には注意を払うべきともいえます。

一般的に、日本にある商品を海外から個人輸入すると安く買えるというのが定説ですが、それは何故なのか?それは海外の物価価値にあります。カンボジアで例えて言うと、カンボジアと日本では物価価値が20倍くらい違います。カンボジア人の平均月収が150ドル(1万5千円)くらいなのに対して、日本人の平均月収は30万円です。平均収入がこれだけ違うという事は、カンボジアの物価もそれだけ安い!という事につながるのです。日本で30万円の物が、カンボジア現地では1万5千円くらいで買えてしまうわけなので、同じ商品でもカンボジアから個人輸入をして購入した方が送料を加味しても20倍くらいお得になるのではないでしょうか。

同じことがバイアグラでも言え、物価の安い国ではバイアグラも相当安く買えるので、バイアグラを個人輸入した方が「処方箋不要」「安い」「同品質」で買えるメリットがあります。肝心のその相場ですが、医療大国として有名なトルコで流通するバイアグラを個人輸入斡旋している業者が多いので、そういう物であれば、トルコではバイアグラ100mgが1箱(4錠入り)でおよそ23ドルくらいが原価です。それに送料や人件費や利益を乗せ、妥当な販売価格は5000円~6000円というところではないでしょうか。

バイアグラ100mgが1箱(4錠入り)で販売価格は5000円~6000円。しかし日本人には適量があり、100mgの錠剤では多すぎます。そこで4等分して25mgを服用すればいいのです。つまり、バイアグラは分割して使うとお得なのです。