世界に目を向けても最も有名なED治療薬であるバイアグラ。他にシアリス、レビトラもあるけれど、EDを改善したいなら、まずはバイアグラを知らずに何を知る!一緒にバイアグラの世界を覗いていきましょう。

レビトラ
シアリス
バイアグラ

日本で知られる3つのED治療薬の特徴

日本で認可されているED治療薬としては、バイアグラの他にもレビトラやシアリスがあります。
やはり代表的なのはバイアグラですが、レビトラとシリアス、それぞれ特徴を持っているので、シーンやあなたの状態にあったものを選ぶと安心でしょう。

バイアグラなどは効果の持続時間が4から6時間ほどということで、性行為をする直前に飲まなければならないプレッシャーがありますが、後発的に認可が行われたシアリスであれば、服用してからなんと30から36時間の効果が得られます。
最長で36時間にわたって効果が持続されるということで、シアリスの精力剤人気が高く、食事による影響を受けない点も大きなメリットとなっています。ほかのED治療薬と比べるとゆるやかなスピードで勃起状態を得られます。長時間にわって効果が見込めることから「ウィークエンドピル」という呼ばれ方もしています。恋人や夫婦の間では週末に性行為をする人が多いと言えますので、シアリスを前もって服用しておけば、金曜日の夜から日曜日の昼まで勃起不全を改善できる効果が得られることになります。精力剤人気が高く、積極的にシアリスの処方が行われていると言えますので、勃起不全で悩んでいる人は医療機関を受診することで医師に相談できます。

レビトラはバイアグラに次いで開発されたED治療薬であり、一番の特徴は他のED治療薬のなかでも最も速効性があるという部分になります。時間にして15~20分で効果が得られると言われています。シアリスと同様に食事による影響は受けず神経障害を持っている人に対しても高い効果を発揮します。バイアグラと比較してより強力な作用も期待できます。

アルコールを摂取した際の影響も異なります。バイアグラの場合、主成分はアルコールにとても弱く、お酒と同時期に服用してしまうと、医薬品の効用が極めて弱くなるのです。バイアグラを服用する際は、飲酒を事前に控えた方が無難です。せっかくの効用が失われるだけですので、お薬は必ず推奨されるように、空腹時を狙い、アルコールとの併用はやめましょう。一方でレビトラとの場合はさほどアルコールの影響ないと見られ、シアリスの場合は影響がないと言われています。ただし、いずれも過度な飲酒の場合はこれに限らないので注意しましょう。